JiroのTrial and errorな日々


by Jiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外部リンク

最新の記事

春なのに・・・
at 2013-03-10 23:26
残念ながら・・・(第二回)
at 2012-10-20 22:55
残念ながら・・・(第一回)
at 2012-10-18 08:33
ご無沙汰です
at 2012-10-12 09:44
決意の日
at 2012-08-26 00:22

以前の記事

2013年 03月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

カテゴリ

全体
写真
機材
仕事
未分類

フォロー中のブログ

It's only photo
Fragment
のんびり歩こう。
WILD AT HEART
イロイロ撮影日記

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
40代

画像一覧

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

決意の日

参った、まったくマイッタ。

こんなサプライズがあるのか?

こんな感動は、今までに無かった。

先日、水害でカメラが泥水に浸かってしまったと泣きを入れたのだが、それに対して全国の写真仲間25名から見舞いをいただいた。

県内のカメラ仲間と岐阜のカメラ仲間が、食事に誘ってくれたのでノコノコと出て行っての出来事。
そんな事されては困ると言う私に”受け取って貰わねばコッチが困る”と。
皆さんを代表して、遠い所をわざわざお届けいただいた。
皆の気持ちだ、次のカメラ購入の足しにしてくれと。

厚かましく戴きました。

カメラを持ち、写真を撮って、独りよがりの趣味だったのが、いつの間にか写真で繋がり、仲間が出来た。

この感動、どう伝えようか?
お二人と別れてから、独り車に乗っての帰り道、嬉しさと感謝で涙が止まりませんでした。
最近、泣いたことってある?
間違いなく、この10年で泣いた事は無かった。



これ程の温かい仲間に囲まれ、応援していただき、どう応えようか?

a0262811_23595889.jpg

この写真は、今は無きカメラで撮影した”Energy Sun”って題をつけた一枚。
力強い朝日に真正面からレンズを向けました。

この朝日に負けない元気で、これからのカメラライフを送ることが応援いただいた皆さんに対するお礼であると考えております。

今はまだ次のカメラをどうするかって、全然考えられない。

暫くは、皆さんの温かい気持ちを噛み締めていたいと思います。


本日、決定した事を報告して終わりにします。

必ず以前のテンションでフィールドに戻ります。
皆様、ハイテンションなJiroにご注意を!
[PR]
by var-akira | 2012-08-26 00:22 | 写真

終結(^^)!

先日報告したプチ災害、もう終わった。
物理的復旧はほぼ終わり、工場も通常営業できている。

       終結宣言だ!(まだちょっと早いかも?)

カメラ&レンズもSIGMAさんの力強い”送れ!”の言葉に、取り合えず箱詰め。

ただ、泥の中に転がるカメラを目の当たりにしているので、諦めてはいるのだが・・・

折角なんで、SD1Merrillで撮影した最後の写真をアップしておく。
a0262811_21503651.jpg

なんとなく、やっと分かり合えてきたと思ってたんだが・・・残念だな^^;)
今となっては、このじゃじゃ馬も、凄く楽しい相棒であった~^^)♪




さて、今日は天気もいいし、昼休みに後回しになってたカメラバッグなどを洗う。
a0262811_21482398.jpg

中に入り込んだ泥が・・・なかなか落ちない~
かなり手強いぞ、泥!

皆さん、泥水には気を付けてくださいね。
普通の洗剤じゃ、全く歯が立たないっすから(--;)


最後になりましたが、数々の激励電話&メールをいただき、誠に感謝しております。
皆さんの励ましが”またカメラを持って撮影にいけるよう頑張ろう”と前向きに頑張る原動力になり驚異的なスピードで復旧させていただけました。
本当に有難うございますm(__)m
[PR]
by var-akira | 2012-08-18 22:04 | 写真

明日へ向かって

まぁ、普段から備えはしてなかった。

つい先日、記録的短時間大雨により自身がプチ災害に遭った。

自宅は高台にあり難を逃れるも、職場には山からの水と水路から溢れた水で浸水した。

早朝、職場へ駆け付けたが、状況が危険と判断し、一旦家に帰って体制の立て直しを図り(いわゆる着替えです)もう一度突入。
この時、役に立ったコンバットスーツは撮影でお世話になったウェーダー^^)

まず、職場の生命線である設備、顧客カルテをチェックし、動力電源をCutするため工場へ・・・
そこで見た惨状は、まさかシャッターの中がこんな状態とは・・・
一面の泥コーティングされた床、倒れた棚、散乱し流されたりしている工具や部品類、流出したオイル・・・
浸水はほんの20~25Cmだと思ったんですが、一気に水が入り込んだ場所もあったようで、壁際は50Cm程の所まで跡が付いてた。

工場内を進むと・・・閉めたはずの扉が開いている・・・足元にどこかで見た物体が、泥まみれで転がる・・・?ナニコレ?・・・”PENTAX”のロゴ・・・ストロボが、なんでここに?確か、棚の中段に置いてた筈だが・・・じゃ、この横のズタ袋って・・・ナショジオのカメラバッグか?・・・じゃ、これは!?
カメラの保管部屋は、どうやら鉄砲水に襲われたよう。。。

こんな事態を想定しいなかった自分の責任だ。

転がるカメラ、レンズを見て申し訳ないなぁと一つ一つ拾い上げました。

その後、周辺で被害の酷い地区があると聞き、お客さんが数件あるその地区へ行きました。
土石流により、車が流され、家は半壊、ライフラインはズタズタで、自動車で近づく事も出来ない孤立集落。
不幸に怪我をされた方は救急車が来られないのでヘリで搬送。。。
一軒一軒声を掛けて廻り、お客さんの無事と、私が出来るバックアップをお話しし帰ってきたのですが、自分の被害など全く知れたものと思いました。

今、家でバッテリーを抜き開くところは全部開けて節電そっちのけの完全空調部屋で乾かしているカメラ達。
頑張れ、俺も頑張るから^^;)
a0262811_21545363.jpg


またカメラを持って撮影に行こう。
自分はもう、復興を済ませたんだから(^^)!
[PR]
by var-akira | 2012-08-15 22:44 | 写真